会社案内 | 日本金属化工所

会社案内

Corporate Information

ご挨拶

最近、流通の便が良くなるに従い営業範囲も広がり、あるいはグローバル時代と言われる中で国際競争が激しくなってきた今日、今まで蓄積されためっき技術を生かし、世界を相手に営業活動を行おうとしています。
「新しいメッキ技術への挑戦」をスローガンに世界中でまだ手掛けたことのないめっき技術の開発を行い「ナンバーワンよりオンリーワン」の企業を目指して努力しています。
技術開発部門を強化し、他社では出来ないチタンやインコネルへのメッキに成功する等、世の中で必要とされる新しい表面処理の開発をしています。

代表取締役 中村守伸

会社概要

社名

株式会社 日本金属化工所

代表

代表取締役 中村 守伸

役員

取締役会長 梅田 謙作
取締役 岩田 智樹
監査役 町田 哲

所在地

〒384-2102 長野県佐久市塩名田1068
TEL 0267-58-4331
FAX 0267-58-4333

E-MAIL

info@nikkin-nagano.co.jp

資本金

4,000万円

設立年月日

昭和34年12月26日

従業員

19名

主要取引先
協和工業(株) 双信電機(株)
(株)ナガオカ製作所 長野日本無線(株)
ミネベア(株) 日精電機(株)
山洋電気(株) 樫山工業(株)
(株)エムケー (株)共栄製作所
(株)ステック 咲電気(株)
営業品目
  • 金メッキ
  • 銀メッキ
  • 白金メッキ
  • 銅メッキ
  • 錫メッキ(光沢/無光沢)
  • ニッケルメッキ(光沢)
  • 硬質クロムメッキ
  • 亜鉛メッキ(光沢/有色/黒色/クロメート)
  • 無電解ニッケルメッキ  他

沿革

昭和14年5月 故荻原貞良前社長が特許製品歯科医療用ジスク及び軍需用アルマイト、ニッケルメッキを東京都中野区にて始める。
昭和20年5月 空襲により工場焼失、長野県佐久市大字平塚に工場移転し歯科医療用ジスクの生産を再開する。
昭和28年1月 工業用メッキ、銅、ニッケル、クローム、亜鉛、錫、銀の設備拡張する。
昭和34年12月 商号を株式会社日本金属化工所として株式組織に変更する。資本金3,000千円。
昭和40年8月 この当時の最新技術であったプラスチック製品の成型からメッキまでのラインを新設する。
昭和48年5月 資本金を6,000千円に増資する。
昭和49年11月 設備の増強をするため資本金を10,000千円に増資する。
昭和51年4月 亜鉛バレルメッキ自動ラインを新設。資本金20,000千円に増資する。
昭和53年4月 無電解ニッケルメッキラインを新設。
昭和56年10月 硬質クロムメッキラインを新設。
昭和58年3月 化成黒染ラインを新設。
昭和58年5月 リン酸マンガン皮膜化成ライン新設。
昭和59年8月 現在地、現在地、佐久市塩名田に工場建設用地6,612m2取得する。
昭和59年12月 工場建築に入る。建坪1,095m2に一部二階建、延面積は1,203m2
昭和60年4月 工場完成、全自動ラック式亜鉛、銅、ニッケル、クロームメッキラインを新設する。
昭和60年5月 本社を佐久市塩名田1068番地に移す。
昭和61年4月 倍額増資を行い資本金40,000千円にする。
平成4年5月 双信電機(株)様のマイカーコンデンサーのチップへのメッキを全面的に引き受ける。
平成5年5月 アルミニュウムのクロメート処理自動機を新設する。
平成6年5月 無電解ニッケルメッキ、ラック式自動機を増設する。
平成7年12月 マイカーコンデンサーのメッキ部門でISO9001を取得する。
平成10年9月 チタン及びその合金へのメッキを始める。
平成11年1月 無光沢錫メッキ装置を新設する。
平成11年11月 白金メッキを始める。
平成13年6月 社員寮及び研究棟を新設。
平成13年7月 中小企業経営革新法の認定取得
平成14年6月 インコネル(ニッケル合金)へのメッキを始める。
平成16年8月 亜鉛メッキをノンシアンに変更
平成16年8月 6価クロムフリーの亜鉛クロメート開始。
平成17年5月 黒クロムメッキ開始。
平成17年6月 チップコンデンサの鉛フリー化開始。
平成17年6月 無電解ニッケルメッキの仕上げ用クロム酸浸漬を中止。
平成19年1月25日 エコアクション21 認証登録

アクセスマップ

〒384-2102 長野県佐久市塩名田1068
TEL:0267-58-4331
佐久インターチェンジより車で15分、佐久平駅より車で10分


大きな地図で見る

DMをご覧頂いた方へ

開発事例

日本金属化工所の強み

取り扱いメッキの種類

被メッキ材質の種類

ページのトップへ